慈悲の瞑想の効果とやり方全文、お釈迦様のマインドフルネスとは?

原始仏教の慈悲の瞑想(Metta Bhâvanâ)

A
ヴィパッサナー瞑想では「慈悲の瞑想」と呼ばれるものがありますね。
B
フォーカシングと合わせて、オススメの方法にゃ。Googleですら取り入れられているというにゃ。
B
原始仏教の慈悲の瞑想(Metta Bhâvanâ)では、

「生きとし生けるものが幸せでありますように
 生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
 生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
 生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように
 生きとし生けるものが幸せでありますように」

と唱える。これは心のにゃかだけで言うだけでもいいにゃ。

A
シンプルなアプローチですね。
B
人間というものは、自分は個別の「存在」だと思っているんだにゃ。「私は、私」 と思っている「私は」には、その個人が世界の全体的な生命エネルギーから自分を別な分離されたものにゃんだと、区別する思考につながるんだにゃ。これを解消していくのが、原始仏教における慈悲の瞑想にゃ。
A
シンプルだが、パワフルに効果するということですね。
B
「私の嫌いな人々も幸せでありますように
 私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
 私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
 私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように

 私を嫌っている人々も幸せでありますように
 私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
 私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
 私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように」

慈悲の瞑想のこの部分は、過去に分離してしまった自分のパワーを取り戻す効果があるにゃ。

A
「人間関係」に悩んでいる人は、他人にパワーを明け渡していますよね。そんなときは、「うそでしょ?」「そんなことでで効果あるわけない」と思うかもしれないけど、オススメですね。これは「心の疲れ」が消えていく瞑想のフシギな力を実感します。
B
「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みだ」にゃんていうからね。これは個人的なワークではあるけれども、分離を超えて解消していくプロセスワークなんだにゃ。
A
それではこちらが全文です。

原始仏教における『慈悲の冥想』の言葉

私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように
私は幸せでありますように

私の親しい生命が幸せでありますように
私の親しい生命の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい生命の願いごとが叶えられますように
私の親しい生命にも悟りの光が現れますように
私の親しい生命が幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

私の嫌いな生命も幸せでありますように
私の嫌いな生命の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな生命の願いごとが叶えられますように
私の嫌いな生命にも悟りの光が現れますように

私を嫌っている生命も幸せでありますように
私を嫌っている生命の悩み苦しみがなくなりますように
私を嫌っている生命の願いごとが叶えられますように
私を嫌っている生命にも悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

Google 社の瞑想のひとつ「慈悲のプラクティス」

1. 自分が今日、会った人の中で、楽しい会話をした人を思い浮かべる。誰にも会っていないのなら、過去にさかのぼって思い浮かべてもよい。

2. その人を思い描きつつ、次の言葉を言う。

「この人は、心と体を持っています。わたしと同じです。気持ちや感情、考えもあります。わたしと同じです」

「悲しんだり、がっかりしたり、怒ったり、混乱したりすることがあります。わたしと同じです」

「人生で肉体的、心理的な苦しみを経験しています。わたしと同じです」

「人生で喜び、幸せ、愛を経験しています。わたしと同じです」

「この人は、幸せになりたいと思っています。わたしと同じです。この人が幸せでありますように」

3. 目をゆっくりと開ける。

 ↓ ↓ ↓
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ  BY サイツノ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ