A

ティモシーさんは、「気づきの扉」で、「人生は夢のようなものだ」と言っているね。

B

もしこの現実が夢だとしたら、どんな風に生きるだろう? このティモシー・フリークの書籍は、最も短くて深い、不二一元哲学の解説書だと思うよ。彼は、学究的な研究をしつつ、ワンネスにつながった意識を保ちつつ生活をしていくことについても教えている。

A

フリークさんがいっている覚醒体験とはどんなもの?

B

それは眉間にしわよせた修行的なものではなく、きっと遊び心にあふれた本当に楽しいものだよ。自身が活き活きした自分と、生きることへの愛を取り戻していることに気づくことさ。そして、とても美しいものが爆発したような感覚を味わう。

気づきの扉
気づきの扉

posted with amazlet at 17.01.14
ティモシー・フリーク
サンマーク出版
売り上げランキング: 430,849
 ↓ ↓ ↓
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ  BY サイツノ