実感・使用感「高城剛推奨のエリクシノールCBDオイルドロップス」レポート

CBD(カンナビジオール)ガン治療への効果は世界の常識?!

A
去年、2016年12月2日に両国国技館で開催された高城剛氏のトークライブ『裏があってもいいじゃないか』読者大忘年会に参加してきたんですけどね。会場でご縁があってエリクシノールさんから、ヘンプのCBDオイルをプレゼントしていただきました。


写真はその実物

B
会場で参加者にプレゼントされていた裏本のカバー裏にも、高城氏のオススメサプリメントとしてオススメされていにゃ。トーク内容でも、高城氏が語っていたように「CBD(カンナビジオール)がガン転移を防ぐことは世界の常識」にゃ。
A
ここで話すのは適切ではないかもしれませんが、抗がん剤をなぜ医者が使いたがるかについても、かなり突っ込んだトークで衝撃的な内容でした。麻についての情報公開はまだまだ日本では早すぎるようにも感じます。
B
日本以外の国では、どんどん開かれていっているけどにゃ。
A
実は、CBDオイルは以前、いくつかのメーカーのものを試していたものの、青臭い雑草の絞り汁のような感じでとても不味かったのです。でも、エリクシノールさんからいただいたこのヘンプCBDオイルドロップスは、ココナッツオイルのような味でとても美味しいです。効果も気持ちがゆったりする感じでとてもいいですよ。

こちら 商品についての詳細はエリクシノールさんのサイトでご覧ください。

B
まだまだ日本では大麻に対しての誤解や偏見があるからにゃあ。大麻(マフィファナ)=麻薬というイメージ洗脳の影響があるにゃろう。
A
世界的には、合法化や非犯罪化が進んでいるのに、なぜ、日本だけが遅れているのでしょうか?

昔の日本人は麻とともに生きていた

B
戦後、GHQのマッカーサーらによって推し進められた日本の近代化と日本人の精神を都合よくするために大麻産業はジャマだったんだにゃ。もともと日本人と麻は古神道的にも切ってもきれない関係にあったにゃ。その後、一度法整備がされてしまうと、合法化の流れでそれを取り締まる組織の予算減少や部署自体が消えてしまう場合もあるから、当分は日本での合法化は不可能にゃろうね。
B
大麻(マリファナ)の主な有効成分としては2種類あるにゃ。それが、CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)。
A
カンナビジオール【CBD】成分とテトラヒドロカンナビノール【THC】成分はどちらも麻に含まれるカンナビノイドですが、テトラヒドロカンナビノール【THC】成分には精神活性作用があるんですよね。
B
そうにゃ。カンナビジオールCBD成分は、産業用麻に最も多く含まれる非精神活性カンナビノイドにゃ。これには精神作用もなく、安全性の高い物質にゃ。様々な分野で注目が集まっていて、世界各国で日々研究されている成分だにゃ。
A
先進諸国の研究によって、カンナビジオール【CBD】には様々な薬理作業が報告されています。イスラエルや欧米をはじめとする世界各国で日々カンナビジオール【CBD】の研究・実験等がされているそうですね。もちろん、日本でもCBDオイルは合法。立派なサプリメント「健康補助食品および健康食品」として、安心・安全に摂取することが可能となっています。

高城剛氏や安倍晋三氏も使用するエリクシノールとは?

B
これを推奨しているのは高城剛氏だけではにゃい。実は、安倍首相と首相夫人も愛用しているそうなんだにゃ。エリクシノール(Elixinol)の製品を安倍夫人は夫の安倍晋三首相のために購入しているにゃ。首相夫人は夫である首相の「潰瘍性大腸炎」治療のために使用を検討したそうにゃんだが、今の首相の元気いっぱいぶりを見るに効果がありそうに感じるにゃ。
A
私自身、実際に使ってみて感じるのは、ストレスが多い仕事をした後には、ゆったりリラックスできるので、とてもいいと思います。時間がゆったりと流れる感じですね。もちろん、精神的に高揚するとかアブナイ効果は何も感じません。
B
ちなみに、高城氏が裏本ですすめていたのは、リポソーム技術で吸収に優れた「ヘンプオイルリポソーム」という製品にゃ。エリクシノールに直接問い合わせたところ、現在、発売に向けて準備中だとか。
A
発売となったら私も試して、こちらで報告しますね。


 ↓ ↓ ↓
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ  BY サイツノ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ