私をいかに書き換えるか?それが日本武道

A
ジョブズ氏は、若い頃から禅に傾倒していたそうだね。
B
彼は、本格的に禅を学んでいるようで、一時は日本の禅寺で修行僧になろうと考えていたこともあったそうにゃ。そんなジョブズが愛読していたのが、オイゲン・ヘリゲルの『弓と禅』にゃ。
A
武田鉄矢氏も愛読の『弓と禅』って、いったいどんな本?
B
著者のヘリゲルは、ドイツのカント哲学者にゃ。彼は、大正時代に東北帝国大学の要請で哲学の教鞭をとるために来日した教授。ヘリゲルはせっかく日本に来たのだから日本文化の神髄に触れようと妻に生け花を習わせ、自身は弓道を習おうと友人の紹介で大射道教の阿波研造に入門したのだにゃ。もともと拳銃を扱っていたから、その経験が役立つと思ったそうだにゃ(その後、それは間違いだったと訂正しているにゃ)。
A
ほう、カント哲学者と禅の達人……なんとも奇妙な組み合わせだね。
B
阿波研造の「的を狙うな」「弓は腕力でなく心で引け」「矢を自らの意志で放すな。それが放すまで待て」「自分自身から離脱しなさい」といった指導の言葉に、ヘリゲルは、頭の中がクエスチョンマークいっぱい? ? ? 大混乱したにゃ。そこは何でも理屈で理解した哲学者、理論からしか理解できず、阿波研造とのやり取りがにゃんとも興味深い。
A
ふむふむ。
B
阿波研造は、ある日、ヘリゲルに真夜中の道場に来るようにと伝える。真っ暗闇の中、阿波研造は矢弓を放ち、見事に的を射ぬくのを見せるのだにゃ。次に、矢を放つと、にゃんと最初の矢を真っ二つに引き裂いて、的の中心を射にゅいた。
A
にゃんとにゃ!!
B
この神業を見たヘリゲルは、弓道の稽古を続けることを決意して修行に邁進し、帰国までに五段を取得したという。ヘリゲルが自身の弓道修行を記した体験記「弓と禅」は、ヨーロッパで大ベストセラーとなって日本にも逆上陸。西洋人の論理的な思考と方法論が、弓道の師の教えによってことごとく打ち負かされ、ついには論理・思考の限界を突破、意識を超越してしまう。ここまでに至るプロセスは、現代の日本人にも響く部分があると思うにゃ。

悟りを開いた瞬間

弓と禅
弓と禅

posted with amazlet at 17.01.14
オイゲン・ヘリゲル
福村出版
売り上げランキング: 21,032

しかし私がほんの一寸でもこの正射を誇る顔付をすると、師範は普段と違っていやにすげなく私をあしらうのだった。「いったい何を考えているのですか」と彼はその時叫んだ。

「悪い射に腹を立ててはならないということは、あなたはもうとっくに御存じのはずです。善い矢に喜ばないことを付け足しなさい。快と不快との間を右往左往することからあなたは離脱せねばなりません。あなたはむきにならない平静な気持で、そんなことに超然としているように心がけねばなりません。すなわちあなたでなくてまるで別の人が善い射を出したかのように喜ぶことを心がけるのです。この点でもあなたはうまずたゆまず練磨せねばなりません――このことはどんなに大切であるか測り知れないのです。」

この歳月の間私は私の生涯の中で最もきびしい訓練を耐え抜いて来たのであった。そして私をこれに適合させることが必ずしもいつも容易であったわけではないが、私は次第に、どれほど多くのことをこの訓練のおかげで得たかがよく分かるようになった。それは、私自身と、また私の気持の動揺とに煩わされようとする私の衝動の、最後の蠢きをも撲滅したのである。ある時私が特別善い射を出した後師範は尋ねた。「今やあなたは“それ”が射る、“それ”があてるということが、何を意味するかお分かりでしょうか」と。

私は答えた、「私はもはや全く何も理解しないように思います。もっとも単純なことですら私を惑わせます。いったい弓を引くのは私でしょうか、それとも私を一杯に引き絞るのが弓でしょうか。的にあてるのは私でしょうか、それとも的が私にあたるのでしょうか。あの“それ”は肉眼には精神的であり、心眼には肉体的なのでしょうか――その両方でしょうか、それともどちらでもないのでしょうか。これらすべて、すなわち弓と矢と的と私とが互いに内面的に絡み合っているので、もはや私はこれを分離することができません。のみならずこれを分離しようとする要求すら消え去ってしまいました。というのは私が弓を手にとって射るや否や、一切があまりに明瞭で一義的であり、滑稽なほど単純になるのですから……」と。

「今やまさしく」師範はその時私を遮っていった、「弓の弦があなたの肺腑を貫き通りました」と。

弓と禅 オイゲン・ヘリゲル(著) 稲富栄次郎、上田武(訳)福村出版

 ↓ ↓ ↓
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ  BY サイツノ