スティーブジョブスが目指した世界は?悟りからシリコンヴァレーへ

サーチ・インサイド・ユアセルフ チャディー・メン・タン ダニエル

悟りからシリコンヴァレーへ(シグムンド)

“From Satori to Silicon Valley”

A
仏教から派生したヒッピー哲学を含む、1960〜70年代の米国のカウンターカルチャーとシリコンヴァレーとのつながりを調査した一冊。その表紙には、2つの白黒のシンボルが溶け合うかのように描かれている。陰陽太極図とトランジスタだ。

B
長髪でヒッピーで、仏教徒で果実食主義者のコンピューターメイカーは、テクノロジーが完全に支配する未来を目指したわけではない。

20世紀に誕生した産業革命後のメガ資本主義社会よりも、偽りがなく、健康で、シンプルな何かを見つけられるはずだというヒッピー思想に基づいて、スティーブジョブスや彼の仲間は、より自然に近かった過去を振り返り、パーソナルコンピューターで人々に力を与え、人々をまとめ、現代社会が奪った人間性を取り返したいと願ったというわけだ。

そしては、これと同じ哲学がシリコンヴァレーを今でも動かしているとシグムンドは考えている。フェイスブック(「世界をさらにオープンでつながった星にする」)やグーグル(「すべての世界の情報を整理する」)がそうであるように、そのようにジグムンドは言う。

テクノロジーを使ってよりよい未来を目指す

「ヒッピーとシリコンヴァレーにはテクノロジーを使ってよりよい未来を目指すという、同じスピリットがあるんです」

サーチ・インサイド・ユアセルフって?

でも楽しいだけでは十分ではありません 思いやりが 利益にもなったらどうでしょう? 思いやりが仕事にも役立ったらどうでしょう? それならば 世界のすべての上司 管理職は このように 思いやりを持ちたがります それによって世界平和の状況が 作り出されます そのため 私はビジネスシーンにおける 思いやりについて注目し始めました 幸いにも私は先のことを考える必要がありませんでした 私の会社 Googleでは 探しているものが 目の前にあったからです。

さて 「自分の内面探し」はどんなものでしょう? これは3つのステップで機能します

(1)配慮のトレーニング

最初のステップは 配慮トレーニングです 配慮は 高度な認知能力と情緒能力の基盤です そのため 心の知能指数の研修の すべてのカリキュラムは 配慮トレーニングから始まる必要があります ここでの目的は 配慮のトレーニングと同時に 穏やかで清らかな心の質を 築きます そして これにより 心の知能指数の基礎を作ります 次は2番目のステップです

(2)自己認識と自制

2番目のステップは自己認識と 自制の発展です ステップ1で十分に充電された配慮を使って 認識と感情のプロセスに 高分解能の知覚力を植え付けます それはどういうことでしょう? これは思考の流れと感情のプロセスを 高度な透明性と客観性を持ち 第三者の視点から 観察できることを 意味します それができるようになると 自制を可能にする 自己認識が生まれます

(3)精神的習慣の創造

次は3番目のステップです ここでは新しい精神的習慣を創造します それはどういうことでしょう? イメージしてください 皆さんが他人と会うたびに 最初に習慣的 本能的に 「相手に幸せになってもらいたい」 と考えるのです それができるとイメージしてください この習慣 この精神的習慣を持つことで 仕事がすべて変わります この善意は 無意識のうちに他人に伝わり それによって信頼が生まれ 信頼によって仕事上の良い関係が生まれるからです また 職場における 思いやりの状況も生まれます いつか私たちは「自分の内面探し」を 無償で公開して 実業界のすべての人たちが 参考書として使えるようにしたいと思います

他人を幸せにしたいなら思いやりを実践しなさい
自分が幸せになりたいなら思いやりを実践しなさい
ダライ・ラマ

 ↓ ↓ ↓
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ  BY サイツノ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ